ボールバルブは工業分野で用途が広く、各社からさまざまな製品が提供されていますが、一般的なボールバルブはPTFEを素材としており、変形や傷ができやすく高温・高圧といった過酷な環境には適しません。
また工業分野で利用頻度が高い粉体やペレットなどにも不向きです。 NBVのメタルタッチボールバルブは、ボール部・シート部ともにメタル素材同士の接触ですので耐久性は大幅に向上。過酷な環境下でも安定したシール性が保たれ、粉体がボールとシートの隙間に入り込むことによるトラブルも防止します。

高温・高圧、他用途に対応、ボールバルブ。

NBVのボールフィーダは、メタルタッチボールバルブで培った高いシール性により、一般的なフィーダで問題となる吹き上がりロスを防止するとともに、金属同士が触れ合うことで高温・高圧・高濃度といった過酷な条件下での使用にも適しています。
さらに、このボールフィーダで蓄積されたノウハウを活かした、ドラム式の「ドラムフィーダ」を開発。ボールフィーダと比較すると、容積効率に優れたドラム(円筒)の回転によって定量供給を行うため、省スペース化を実現しています。

高度なシール性、優れた耐摩耗性を実現。

メタルタッチボールバルブでは、未来技術へ挑む多様な科学分野から、製鉄プラント、発電プラント、化学プラント、石油精製・石油化学プラント、製紙プラント、食品プラントなど、幅広い分野に対応する製品ラインナップを整備。このほか近年ではボールフィーダ、ドラムフィーダへの注目度も高く、ご要望にお応えできる製品開発を進めております。

主な納入先会社名

東レ株式会社 株式会社クレハ 三菱化学株式会社
星光PMC株式会社 三菱ガス化学株式会社 鹿島ケミカル株式会社
DIC株式会社 広栄化学工業株式会社 旭硝子株式会社
旭化成株式会社 新日鉄住金化学株式会社 住友化学工業株式会社
日新理化株式会社 横浜ゴム株式会社 昭和電工株式会社
株式会社エス・ディー・エス バイオテック 株式会社クボタ 日本山村硝子株式会社
精工化学株式会社 東亞合成株式会社 日本ゼオン株式会社
三菱レイヨン株式会社 ライオン・スペシャリティ・ケミカル株式会社 株式会社カネカ
日油株式会社 エイ・ジイ・インタナショナル・ケミカル株式会社 東ソー株式会社
東燃化学合同会社 JX日鉱日石エネルギー株式会社 三井化学株式会社
出光興産株式会社 JNC石油化学株式会社 丸善石油化学株式会社
宇部興産株式会社 東燃化学合同会社 出光興産株式会社
コスモ石油株式会社 昭和四日市石油株式会社 極東石油工業合同会社
鹿島石油株式会社 富士石油株式会社 東亜石油株式会社
太陽石油株式会社 西部石油株式会社 電気化学工業株式会社
株式会社クラレ 信越化学工業株式会社 セントラル硝子株式会社
綜研化学株式会社 モメンティブ・パフォーマンス・マテリアルズ・ジャパン合同会社 東レ・ダウコーニング株式会社
日産化学工業株式会社 クラリアント触媒株式会社 株式会社トクヤマ
北海製鉄株式会社 三菱製鋼株式会社 新日鐵住金株式会社
株式会社中山製鋼所 株式会社神戸製鋼所 日新製鋼株式会社
JFEスチール株式会社 日鉄住金セメント株式会社 太平洋セメント株式会社
八戸セメント株式会社 明星セメント株式会社 琉球セメント株式会社
ニチハ株式会社 吉澤石灰工業株式会社 TOTO株式会社
株式会社LIXIL 日本製紙株式会社 王子製紙株式会社
北海道電力株式会社 北陸電力株式会社 電源開発株式会社
中部電力株式会社 中国電力株式会社 九州電力株式会社
株式会社明治 江崎グリコ株式会社 カバヤ食品株式会社
フルタ製菓株式会社 大洋エヌピーエス株式会社 大同プラント工業株式会社
ダイキン工業株式会社 株式会社前川製作所 独立行政法人日本原子力研究開発機構
東京電力株式会社 動力炉・核燃料開発事業団 一般財団法人石炭エネルギーセンター