セールスエンジニア(営業) 2007年入社 杉本 康彰

工業高校で学んだこと、機械の操作など経験を活かせる仕事に就きたかったのがNBVを選んだ動機です。この仕事でもっとも大事なことは自社製品に精通すること。それは設計から製造までのプロセスを熟知しているということです。仲間たちの努力を知り、自信を持ってお客様にお届けする。当社の営業は売っておしまいではありません。先々まで製品を見届けていくためにも、技術を知るから生まれる製品への愛着が必要なのです。そこから生まれるお客様の笑顔に接することが営業職の喜びだと思います。

大阪本社の営業グループに所属しています。実務としては、個別のお客様への対応から、すでにお届けした製品の状況確認、伝票処理まで営業職の全般をフォロー。お客様よりの新規製品の発注においては、設計・製造セクションと一緒になって製品にまとめあげてゆく、その窓口の役割です。お客様の側には各種のプラント関連の技術者も多く、営業を超えた技術者同士の話が進むこともありますので、幅広い知識を身につけることも仕事のうちだと思っています。

さまざまな分野で技術革新が進み、当社の製品にもきわめて高いレベルの性能が求められるようになってきました。今後はそうした技術的要望を素早く確かにくみとって、より高いレベルの新製品を実現できる人材になっていきたいと思っています。

仕事に限らず、人は目標を持つことで変わります。それは夢見るための夢ではなくて、夢を実現していくための目標でなければなりません。自分だけのテーマを決めて挑んでほしいと思います。